ゆうちょ銀行

本木雅弘氏が「ゆうちゃん」のキャラで出演しているCMが印象的なゆうちょ銀行ですが、旧郵政省時代の日本郵便から郵政民営化の流れを受け、2006年に株式会社ゆうちょ銀行が設立され、翌2007年に日本郵政公社から郵便貯金事業などを主に引き継がれました。業態は持株会社となる日本郵政株式会社の子会社となります。

ゆうちょ銀行はいわゆる都市銀行には含まれていませんが、全国47の都道府県に支店や出張所を持っているのは、三大メガバンクのみずほ銀行とゆうちょ銀行のみとなります。そのような背景もあり、2011年に全国銀行協会に特例会員として正式加盟をしています。

ゆうちょ銀行の特徴は、預けたお金のことを「貯金」と呼んでいるところです。通常、銀行に預けたお金のことを預金と呼びますが、これは民営化以前の日本郵便(郵便局)の頃からの名残りとなっています。当時の銀行には、企業のお金を預けるという意味合いが強く、郵便局は個人が持っているお金を貯めておくといった風潮があったからです。

ゆうちょ銀行の特徴といえば、ATMからのゆうちょ銀行口座間の送金手数料が無料で利用できるところが挙げられます。しかし、こちらは2016年9月30日までと発表されており、その後は利用手数料が発生する可能性があります。2007年から続いているこのサービスは、実は2014年に好評により2年間延長した経緯があります。今後の動向がとても気になるところではあります。

もうひとつの特徴が、ゆうちょ銀行の口座は「記号・番号」から成り立っているため、他の銀行へ振り込む際は口座番号の変換が必要となります。ゆうちょ銀行だけ振込先の情報が違っているということに気づいたことはありませんか?総合口座を通帳をお持ちの場合は、そちらで確認することができます。

また、ゆうちょ銀行は、他銀行のようなローン商品(貸付業務)を当面おこなうことができないため、スルガ銀行のローン商品を代理店として取り扱っています。また、そのような背景から、投資信託に力を入れており、2016年2月から投資信託の新しい商品の取扱いを開始しています。さらには取扱いのチャネルを拡大した商品も用意しています。

これらのサービスについては、資産運用セミナーやライフプランセミナー・相談会が各地域で月に一回開催されており、投資信託やNISAについて相続手続きや年金の請求方法などライフプラン実現のアドバイスを受けることが可能です。参加費は無料で受講や相談をすることができ、お忙しい方のために夜間セミナーや休日個別相談会も一部店舗で実施されています。これらのセミナー・説明会をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

財産形成貯金担保貸付け

財産形成貯金担保貸付けは、「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」を担保にして、預金に利子を加えた金額の90%相当額まで貸してくれます。ただし、1契約につき上限300万までとなります。

貯金担保自動貸付け

貯金担保自動貸付けは、「担保定額貯金」「担保定期預金」を担保にして、預金の90%以内まで貸してくれます。こちらは、通常預金の残高を超える支払いの請求があった場合に不足分を自動的に貸し付けることができます。

国債等担保自動貸付け

国債等担保自動貸付けは、ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で購入した国債を担保にして、額面の80%まで貸してくれます。ただし、一人につき200万円までの条件があります。貸付期間は最長1年でこちらも通常預金に不足分が発生した場合、自動で不足分を貸し付けられます。

スルガ銀行の個人ローン

ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローンを代理業者として媒介しており、「住宅ローン」「カードローン」「フリーローン(目的別ローン)」を取り扱っています。カードローンは、アルバイトや主婦・パートの方でも利用でき、働いていない年金受給者の方も対象となっています。最大500万円までの限度額が設けられており、ゆうちょ・スルガ銀行以外のATMでも利用や返済が可能です。

  • 住宅ローン
  • カードローン
  • フリーローン(目的別ローン)
  • ローン関連お手続き

クレジットカード

ふだんからゆうちょ銀行のキャッシュカードをご利用されている方は、クレジットカードの機能付きカードをご利用されると、より多方面において便利におトクにご活用いただけます。ゆうちょ銀行のキャッシュカードとクレジットカードが1枚になったクレジットカードは、大きく以下3種類に分かれます。・ 若者向けクレジットカード → 「JP BANK VISAカード ALente(アレンテ)」・「JP BANK VISAカード EXTAGE(エクステージ)」・JP BANK 一般カード→「JP BANK VISAカード」・「JP BANKマスターカード」・「JP BANK JCBカード」・ JP BANK ゴールドカード    →「JP BANK VISAカード ゴールド」・「JP BANK マスターカード ゴールド」・「JP BANK JCB カード ゴールド」

電子マネー搭載キャッシュカード

鉄道やバスに乗車されたり、お買い物をされる際に、「Suica」をご利用されている方はゆうちょのキャッシュカードに便利なSuica機能搭載した「ゆうちょICキャッシュカードSuica」がとってもお勧めです。「ゆうちょICキャッシュカードSuica」のカード一枚で、Suicaエリア内およびPASMOなどSuicaと相互利用を行っている交通事業者の鉄道やバスに乗車できるのはもちろんのこと、Suicaマークのあるお店で電子マネーとしてご利用することが可能です。また、JR東日本の主要な駅にあるATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で、オートチャージの設定を行うことができます。

デビッドカード

買おうとしているものがあっても、「口座にはお金があるけど、今手持ちで自由になるお金がない…」「貯金を引き出す時間がない」といったときにとても便利なのが、ゆうちょ銀行の「デビッドカード」。ゆうちょ銀行のデビッドカードは、小売店、家電量販店での買い物や飲食等の代金を全国約45万か所以上に設置されている端末でキャッシュカードを使ってお支払いいただけるサービスです。代金はお客さまの貯金から即座に引き落されます。貯金を引き出す時間がないときはもちろん、ちょっとしたお買い物にも現金を持ち歩かずにすむので便利です。

全国のゆうちょ銀行店舗一覧

全国のゆうちょ銀行を都道府県別にまとめていますので、それぞれの地域をクリックして確認ください。

メニュー

ショップ

金融・サービス

グルメ・飲食